ショートストーリー

明日への贈り物 Episode25

もしかして叩かれてる?!オンラインの向こうから聞こえる声

いばらきの子どもと子育てファミリーへある家族の物語をご紹介します。
この物語が誰かの救いや気づき、そして児童虐待防止につながることを願って。

不意に遭遇した場面に凍り付く僕 こういう時はどうすれば…

晩御飯も食べて宿題も終わった。ママもいいよと言ってくれたから、ようやくお楽しみのゲームの時間だ。あ、仲の良い友達Kくんがログインしてる。早速ボイスチャットで会話を始めた。

「調子どう?」
「結構いい感じ。今日も頑張ろう」
会話をしながらステージを進めていると、Kくんの返事が聞こえなくなった。

1分ぐらいだろうか。静かな時間が続いた後、いきなり「おい! お前、何でゲームやってんだ!」代わりに聞こえてきたのは男の人の怒鳴り声だった。
「いい加減にしろよ! ただじゃ済まさねえぞ!」「ごめんなさい。お願いだからゲームだけは壊さないで」マイクから離れたところでか細いKくんの声も聞こえた。
「Kくん大丈夫?」尋ねても返事はない。まだ怒鳴っているみたいだし、ガチャンと物が壊れたような音も聞こえる。そしてそのままログインが切れてしまった。

どうしたんだろう。Kくん大丈夫かな。男の人はお父さんかもしれないけど、普通の怒鳴り声じゃなかった。5分が経ってもまだ心臓がドキドキする。凄く怖かった。まずママに相談してみようかな。

※取材した実例をもとに一部フィクションを加えています

虐待かなと思ったら児童相談所虐待対応ダイヤル189番へ子育てに悩んだら児童相談所相談専用ダイヤル0570-783-189
一覧へ戻る

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

ニュース

天気予報

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ